HOME>アレルゲンついて

アレルゲン
アレルギー検査と食物アレルギー
妊娠中の食事と授乳・離乳食

アレルギーと妊娠中の食事・授乳・離乳食
アレルゲン | アレルギー検査と食物アレルギー | 妊娠中の食事と授乳・離乳食

 
 

妊娠中の食事と授乳

【アレルギーと妊娠中の食事】

よく、「妊娠中に卵や牛乳などを食べると、子供がアトピー性皮膚炎になる。」ということから、妊娠中に極端な食事制限をされる妊婦さんがいます。しかし、ある一部の例を除いては、それほど卵とか牛乳を極端に制限することはないと考えます。

生まれてくる子どもが、アトピー性皮膚炎になる可能性が高くなるのは、妊娠中の女性が、もともと特定の食べ物に対してアトピー性皮膚炎を持ち、かつ胎児が、食事性(牛乳、卵など)物質に対してアレルギー発症遺伝子を遺伝(劣性遺伝を含む)している場合に、妊娠中の女性が、あえてそれを沢山食べた場合です。
あくまで、『家族性アトピー歴を持ち、母親(妊婦)に食物アレルギーがある場合なら、子供の早期のアトピー性皮膚炎を含むアレルギー疾患(食物性のアレルギー疾患やダニなどによるアレルギー疾患など)の発症予防のためには、一部の母親の妊娠中の食事制限は効くことがある。』ということです。

【アレルギーと授乳】

「食事性アレルギーを持っている乳児に対して、授乳婦(乳児で母乳を与えている人)が、その食べ物を食べても良いか。」ということもよく聞かれます。

1)「母子が同じ食物アレルギーを持つ場合なら、母親は、その食べ物を避けた食事を行い授乳したほうが無難である。」というのが一般的です。
大切なことは、「子供さんに皮膚症状などが出た場合に、その日に母親が何を食べたかという食事日記(育児日記)をつけることが大変参考になります。
「今日、卵を食べたら皮膚に症状が出た。」、「4日前にも同じようだった。」という記録が、大変参考になるということです。

2)子供に食物性のアトピー性皮膚炎があるが、母親にはアレルギー性疾患がない場合は、少なくとも、母親の体内で特定の食べ物に対する抗体は出来ません。
しかし、母親が特定の食べ物を食べてもなんともなくとも、子供に授乳すると子供にアトピー性皮膚炎(多くは、アトピー性皮膚炎らしい皮膚症状)が出ることがあります。
全ての例ではありませんが、これも食事日記(母親の食事と子供の皮膚状態の相関を書いた)をつけて調べると良いです。

【アレルギーと妊娠中の食事】で述べたように、『家族性アトピー歴を持ち、母親(授乳婦)に食物アレルギーがある場合なら、母親は、その食べ物を避けた食事を行い授乳すべきである。』という話もあります。しかし、これは条件つきであるので、むやみに授乳婦が、食事療法(制限)をするべきかどうかは、医師によって意見が別れるところです。

詳しくは、専門の小児科の医師や信頼できる方にお聞きになると良いです。また、食事日記をつけられて、「自分が卵を食べた翌日には、子供の発疹が多い。」などの相関があるなら、お母さんも授乳中は卵を控えたほうが良いです。

しかし、いたずらに食事制限を行うことは、場合によって、母子の栄養失調などを招いたり、食事のバランスを損なうことがあります。神経質にならないで、食事制限をする前に必ず相談をすることです。

このページのTOPへ

アレルギーと離乳食

最近では、乳幼児の3人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っているといわれています。
アレルギーの原因はいくつかありますが、《食事》と大変大きな関わりを持っています。

【早すぎる開始は、アレルギーの原因に!】

乳幼児の食物アレルギーによるアレルギー疾患が増えている原因の一つに、離乳食の開始時期が早いことがあげられています。
育児書や育児雑誌などには、「開始時期は5ヶ月目から、体重が7kgになってから」などと書かれていることがあります。また、乳幼児健診においてもいろいろなアドバイスを受けることが多く、ストレスを感じることがよくあるそうです。

しかし、出生時の身長や体重、体質や成長の度合に個人差がある中では、あくまで参考程度に留めるべきです。
赤ちゃんは、食物を消化・分解・吸収する過程のうちあらかじめ備わっているものは、唾液と胃液くらいです。食べ物を咀嚼する歯は、まだ生えていません。また、小腸も未発達です。ゆえに、身体に負担のかからないように液状、又は半固形状の食べ物を与えます。
ただし、生後間もない赤ちゃんは、唾液と胃液も十分な働きができていません。準備が整っていないこのような時期に離乳食を開始すると、十分に食べ物が分解されず、高分子の状態で吸収されます。その結果、身体が異物と認識して食物アレルギー(多くは、アトピー性皮膚炎らしい皮膚症状)の原因となることがあります。

【開始はあわてず、ゆっくりと!】

開始する前に、食事に興味を持つような環境を作ることが大切です。
たとえば、赤ちゃんのそばで、お父さんやお母さんがおいしそうに話しかけながら食事をすることも良いです。そのようにしていくうちに、赤ちゃん自身が食べたそうな仕草をしたり、よだれが多くなったりと、離乳食を開始するシグナルが現れます。
決して他の赤ちゃんと比較して、あせって開始することはしないでください。あせって開始してしまうと、食物アレルギーを引き起こす可能性が高くなるばかりでなく、食事に対して恐怖心を与えてしまうことにもなります。

大切なことは、しゃべることのできない赤ちゃんの仕草など、お父さんやお母さんが良く観察して十分なコミュニケーションを取ることです。

【成長と体調に合わせた食材、調理方法、量、間隔!】

離乳食を進める中で、赤ちゃんの成長と体調に合わせた食材、調理方法、量、間隔を考える必要があります。

食材は、赤ちゃんの歯の生える順番を目安に考えると分かりやすいです。
最初に生える歯は前歯です。次に臼歯、最後に犬歯です。歯の形から考えると、前歯は野菜や果物を噛むための歯、臼歯は穀類や芋類をすりつぶすための歯、そして犬歯は肉や魚を噛み切るための歯です。このようにして考えていくと、最初は植物性食品の野菜や果物、次に植物性食品の穀類や芋類、最後に動物性食品の肉や魚という順番になります。

調理方法は、歯の生え方や咀嚼の習慣、便を目安にして考えてください。十分に歯が生えていない、噛む習慣もできていないという状況で、半固形状のものや固形状のものを与えてしまうと、食材がそのままの形で便に混ざります。これは、消化・吸収ができていないといことです。また、噛まずに飲み込む習慣が付いてしまい、今後の成長に影響を与えます。

量や間隔については、食事日記をつけて、体調に合わせて少しずつ間隔をあけて与えてください。最初に与える量は、小さじ1/3や半分といったごく少量です。また、間隔も初めて与える食材については、1日・2日おきに様子を見ながら与えてください。食べてくれるからといって、一度にたくさん与えたり、毎日与えたりするとアレルギー症状が現れることがあります。
大切なことは、与えるときの体調と与えた後の体調を十分に観察することです。

【アレルギー症状など、体調に異常が現れたら?】

万一、体調に異常が現れたたときは、与えるのを中止してください。軽い湿疹や蕁麻疹などは、3時間から6時間、長くとも半日で元の状態に戻ることが多いです。異常が現れたとしても、決してあわてないでください。まずは、落ち着いて状況を把握し、できれば信頼できる専門家や主治医に連絡してください。
ただし、翌日になっても元の状態に戻らなかったり、アナフィラキシー(嘔吐、下痢、血便、全身の湿疹や蕁麻疹、全身のむくみ、呼吸困難、けいれんなど。)が現れたときは、すぐに病院へ行ってください。

また、食事日記をつけられて、「特定の食べ物を食べた翌日には発疹が多い。」など、特定の食材と体調異常に相関がある場合は、その特定の食べ物を控えたほうが良いです。
ただし、いたずらに食事制限を行うことは、場合によっては赤ちゃんの栄養失調などを招いたり、食事のバランスを損なうことがあります。神経質にならないで、食事制限をする前に必ず信頼できる専門家や専門の小児科の医師に相談してください。

 
 

アレルゲン | アレルギー検査と食物アレルギー | 妊娠中の食事と授乳・離乳食

入会前のご相談は無料です。
商品のお申し込み・何でも無料相談はこちらから(新規メール作成画面)
(↑クリックして頂くと、お使いのメールソフトが起動します。お気軽にご連絡下さい。)

このページのTOPへ

満天星倶楽部(かすみそうくらぶ)
copyright(C) 満天星倶楽部-kasumiso club- / All rights reserved